事前の準備
葬儀をトラブルなく無事に行う為にも、また、葬儀後に「こうすればよかった」などの悔いを残すことのないように、事前に基本的な葬儀進行を知り、必要な事柄はしっかりと決めておくことが大切です。
まず、喪主を
決めましょう
葬儀にあたって、まず決めなければならないのは葬儀の主催者として遺族を代表する喪主です。
葬儀の通知状は、喪主の名で通知することになるからです。
通常、喪主には、故人の配偶者、長男、長女、親、兄弟の順で故人とのつながりの深い人を選びます。
結婚して姓が変わることもありますが、その場合でも、故人の実の娘であれば喪主になってもかまいません。
未成年者が喪主になるときは後見人を立てておきます。
事前の準備
事前の準備
事前の準備