お焼香のやり方を教えて!

TOP > お通夜・葬式の困った! >第6回 お焼香のやり方

A.3つの注意を伝授するぞい!!

お焼香のやり方じゃが、3つ注意する事がある。
それは「抹香をつまむ指」「押し頂き方」「回数」じゃ!

基本的な動作

お焼香は基本的に、下の(1)〜(3)の動作を何回か行う。

(1)右手の親指・人差し指・中指の三本で抹香(香木を砕いた細かい木片)を少量つまむ。
(2)手を返して額の高さまでかかげる。(これを「押し頂く」という)
(3)左の香炉(炭の方)の少し上に移動させ、指をこすりながらパラパラと落とす。
※このとき、数珠は左手にかけておくのを覚えておくのじゃ!

ただし回数は宗派によって変わる。下の表を参考にしてくれい!

宗派 焼香回数
天台宗・真言宗 1〜3
日蓮宗・臨済宗 1〜2
日蓮正宗 1〜3
浄土宗 1〜3
浄土真宗本願寺派
浄土真宗大谷派
曹洞宗

また、これはあくまで基本的な動作じゃ。
実は宗派によって、焼香の作法は少しずつ違っておる。
もし分かるようじゃったら、事前に調べておく方が良いかもしれんぞ。

焼香のスタイル

次に焼香のスタイルじゃが、立って行う「立礼」と、座って行う「座礼」、
そして、座って香炉を手元に置き、お焼香してから隣の人へ回す「回し焼香」と3つある。
それぞれの焼香の特長と、一連の流れを説明するぞい!

立礼(りつれい)焼香

椅子席の式場の場合に多く用いられるスタイル。
喪主や親族の焼香が終わった後に、参列者が順番に焼香するのじゃ。
順番が来て、係員に案内されたら、隣の方へ軽く会釈をしてから焼香台へ行くのじゃ!

1、祭壇に進み、ご遺族に一礼します。遺影に向かって一礼し、一度合掌する。
2、親指、人指し指、中指で抹香をつまみ、額の高さで押しいただくき、抹香を香炉にくべる。
3、数回繰り返す。
4、改めて遺影に向かって合掌する。
5、一歩下がり、僧呂とご遺族に一礼し、席に戻る。

座礼(ざれい)焼香

畳敷きの式場の場合に多く用いられるスタイル。
基本的な手順は立礼焼香と同じで、違うのはまっすぐ立ち上がらないということだけじゃ。
移動は常に腰を落とし、お焼香は正座して行うんじゃぞ!

1、腰を屈めて焼香台へ向かい、ご遺族に一礼、遺影に一礼。
2、座布団の前で両手を使って膝立ちし、にじり寄って正座したら、お焼香は立礼と同じ方法で行う。
3、お焼香が済んだら、遺影に向かって合掌する。
4、両手を使って膝立ちし、そのままの姿勢で後退し、中腰になったら僧侶・ご遺族に一礼し、中腰のまま席に戻る。

回し(まわし)焼香

式場が狭い場合などに、座ったまま焼香炉(しょうこうろ:お焼香をする箱)を隣の人に順番に渡しながら行うスタイル。椅子席の場合は、自分の膝の上にのせて焼香するんじゃ。

1、隣の方からお盆に乗った焼香炉が回ってきたら、軽く会釈をして受け取る。
2、自分の前に置いて立礼と同じ方法でお焼香し、遺影に向かって合掌する。
3、終わったら隣の方へ回す。

焼香の順番

ちなみに焼香の順番は、下記が基本的考えになるぞ!

(1)血縁の濃い順
(2)その中でも同居の血族(家族)が先順位
(3)年齢の順

ダガジク和尚のひとこと

どうしてもやり方が分からなくなった場合は、お焼香をする人たちをよく見て、マネをするのも1つの手じゃ。
ただ「回数は何回か」ということよりも、心を込めて焼香することを第一に考えてお参りするのじゃぞ!!